Archive for the ‘Backstage’ Category

Blue Cat’s Re-Guitar

This article is written in Japanese.

去年の年末に色々購入したものの紹介の第2段です。

前回、「VOX modeling Guitar Starstream Type 1 Plus Mahogany Black」で書きましたが、結局このギターのモデリング機能は使わないことにしました。

このギターの素の音の良さは活かして、モデリングは以前からチェックしてたのを思い出した Audio Unit プラグインを使うことにしました。

Blue Cat’s Audio の Re-Guitar です。

いろんなピックアップを試したり、アコースティックギターの音にしてみたり、ボディの幅を変えられたりしてなかなか使えます。

最初自分で色々とパラメータ変えてもピンとこなかったんだけど、プリセットから選んでみたら、そこを基準として調整できるので手っ取り早いです。

「SC-Acoustic-Electric」のプリセットなんかは、自分が以前使ってたエレアコの音そっくりになっていい感じです。

既存のピックアップ以外にも、E-Custom, AC-Customで好みのバランスをさぐれるので、自分にちょうどいい音を見つけられるんではないでしょうか?

リアルタイムで音が変わるので、いつでもどこでも使えます。
ぼくはUSD(アメリカドル)でPayPalを使って買いました。
1つ持っていてもいいプラグインだと思いますよ。

Blue Cat’s Re-Guitar – Guitar Pickup And Body Simulator (VST, VST3, AAX and Audio Unit Plug-in)
https://www.bluecataudio.com/Products/Product_ReGuitar/

先日、Catalina対応になったので、最初にメールで送られてきた自分専用のURLアドレスにアクセスすると、最新版がダウンロードできました。
もしまだdemo版が対応していなかったら、サポートに問い合わせることをお勧めします。

それでは、よいギターライフを楽しみましょう!

VOX modeling Guitar Starstream Type 1 Plus Mahogany Black

This article is written in Japanese.

これから数回、去年の年末に色々購入したものを紹介していこうと考えています。

まずはVOXのギターです。
VOX モデリングギター Starstream Type 1 Plus Mahogany Black [VSS-1P-MH-BK]。

このギターの特徴は様々なギターの音色を表現できる事です。これ1つでストラトキャスター、レスポール、アコースティックなど、色々な音色を出せます。

しかし、ここではそのような事については取り上げません。実際ぼくは最終的にはその機能を使っていないからです。確かにいろんな音色が出るのですが、ノブやスイッチで音色を変更するたびに大きく音量が変わってしまうのがあまり気に入らなかった事、音色を切り替えるのに立った位置では現在のノブの位置が分かりにくい事、モデリングに電池を4つも使いますが非常に電池ボックスが固かったり配線が切れそうで怖かったりするからです。

ちなみに、もしこのギターだけで上記の問題を解決する方法はというと、ないわけではないです。ノブのUSER, USER 2を使い、さらにボリュームとトーンのノブの間にあるスイッチを使って、6種類の音色を自分の好きな状態に切り替えられるので、それを使う手もあります。
また、電池ボックスとその配線については、やすりなどでいろんな部分を調整するなどの工夫をすれば、スムーズに運用できる可能性があります。

さて、買ったあと気付いたのですが、これを買う1ヶ月ほど前にプラグインで同じような機能を実現したソフトがあったので、今度それを試そうと思っていたのを完全に忘れていました。
その事を覚えていたら出会えなかったギターかもしれません。
(現在はこのギターを使っていろんなギターの音色を出すのに、実際には改めて購入したそのプラグインを使っています。)

でも、このギターを今後ずっと中心に使っていこうと思いました。なぜでしょう?
まず、このギターの特徴の1つはモデリング機能を使わない時、電池なしで普通のエレクトリックギターとして使える事で、その素の音がすごくいいんです。
そして、フレットの感触がとてもいいです。指を置く感覚、滑らせた感覚、1フレット近くを押さえるコードもすごく体に近く感じます。指板の厚さもちょうど良く、幅は今まで使ってたのより狭いので手の小さい人でも扱いやすいです。また、オクターブチューニングもほぼ狂いなく、12フレット以上の高音を弾いた時の音や感覚も良好です。
そして決定打がものすごく軽く扱いやすい、なのにその特徴的なくり抜かれたようなボディからは想像がつかないほどのフィット感です。右手で弾く位置とベルト当たりの体の当たりがとても安定しています。

ちなみに初めにちゃんと試奏した時は、今までレスポールやアコースティックタイプしか使ったことがなかったので、1~4弦をブリッジミュートしてのハーフミュートした音を出したいことが多く、しょっちゅうボリュームノブに手が触れてしまい、その度に音量が変わってしまって困ったので、病院で薬をもらう時に付いてくる小さい輪ゴムを前から引っ掛けて今度は十字にねじって後ろから引っ掛けることで、ボリュームを最大値にしてノブの動きを殺していました。

このギターですが、ほとんどの道具は元々付属しています。ただし、1つだけ例外があります。後ろの方を見てください。オクターブチューニングをするプラスのネジを回す時に、このギターの特徴である音色を変えるノブに干渉してしまいます。ですから普通のプラスドライバーでは、このネジを回せません。肝心のその道具だけ付いていませんでした。幸い届いた時、すでにオクターブチューニングが合っている状態だったので良かったですが、今後困ります。

ですからインターネットで検索して、L字型のドライバーを探しました。最終的にホームセンターで詳しい方に案内してもらいながら買ったのですが、本当にシンプルなL字型になってるだけのドライバーがいいようでした。実際、調整する時はほんのわずかな角度を回すだけになるので、この明快な道具が正解でした。ネットで検索するとラチェットと言うんでしょうか?回す時に閉める方向だけに自動的になる一般向けには便利な道具もあるのですが、楽器の微調整という作業には適さないことに買った後に気付いて、自分の選択は間違っていなかったんだとホっとしました。

こうして右の今まで主に使ってたギターと比べると、指板が長く見えます。なのに1フレット辺りも弾きやすいというのはとても意外です。全体的な体の置き方とギターの部位の位置関係が自分にとても合っているのでしょう。
部屋の掃除ができていないことは勘弁してください(汗)

さて、こうして今後メインで使う予定になったこのギターですが、届いた時はちょっとビックリしました。最初はこのギターの特徴であるモデリング、つまり配線などに故障がないかを中心に初期不良のチェックをしたのみでしばらく置いていました。
ようやく時間が取れたということで本格的な試奏をすると、エラい問題が見つかりました。なんと1弦2フレットの音がほとんど出ないのです。これではギターとして使えません。
このギターはネットで買って、最初の1ヶ月を超えてしまっていたので、送料なども考えて近くの楽器屋に修理を頼むことにしました。幸いそこには凄腕のリペアマンがいました。その人にあずけて少し調整して様子を見てもらいました。するとエラい事です。1弦2フレットを鳴らそうと努力すると、12フレットが!6フレットが!3フレットが!と数珠つなぎで他のフレットもどんどん打ち込みが必要で、とんでもない修理代金になってしまいます。

実はこのギターは通常より安く手に入れることができたので、傷などはあるものと覚悟して買ったのですが、ギターとして使えないとなると大変なことになるし、だからと言ってそんな高額な修理代を払うと何のために今しかないと手に入れたのか分からなくなってしまいます。
保証書を見ると1年間無償修理と書いてあるのは知っていましたが、送料だけでもバカにならないと思って、それなら近くの信頼できる楽器店で…と思ったのですが、これは予想外でした。

このままでは使えないので販売店に連絡を取ったところ、送料も販売店負担で初期不良扱いで修理してもらえるということでした。また、返金も可能という親切な対応をしていただきました。
リペアマンに訊くと、もしかしたらフレットを打ち込み直しても数年ごとに調整が必要かもしれないということでしたが、とにかく持った感じや弾いた音にフィット感すべて気に入ってるので、とりあえず販売店に送り返しての修理をしてもらうことにしました。
実際は販売店からメーカーに行って、さらに修理専門会社に行ってとなり、非常に時間が掛かること。そしてフレットの打ち直しはできなく、フレットの打ち込み直しで調整するので、もしかしたら調整し切れずに返金の可能性があるということでした。

ぼく自身は急いでるわけでもなく、いい状態で帰ってくればいいので、とにかく年末に送りました。そして2月後半になろうかというところでようやくギターが帰ってきました。
実は送り返す前にリペアマンに状態を見せてもらった時に、各フレットがどのくらい指板から浮いているかを見せてもらい、案外ばらつきが多いのを確認したので、全体的に見た方がいいですよと販売店の方に申し上げていました。

さて、試奏です。完璧です!もちろん1弦2フレットもきちんと鳴ります。そして全体のフレットの打ち込みも相当いいです。だいぶ安く買ったのに、3倍くらいの値段がしてもおかしくないギターになって帰ってきてしまいました。
それからエアコンの暖房の風の返しが少し当たる場所に置いていましたが、今まで使っていたギターと同様、問題ない状態を維持できる事を確認しました。

非常に満足しています!

最後に一番初めに載せた写真と同じものを載せておきます。このギターはすごくフィット感が良くて、独特の形状なのにすごいなと思いましたが、実はストラップの付け方も特徴的です。
まず下に左右2つストラップを引っ掛けるところがあります。見てください、ギターの中心にありません。色々やってると、自分の場合は左の方でしっくりくるようでした。
そして上の方のストラップを引っ掛けるところはギターの裏にあるので、ストラップの外側をギターに付けるという面白い試みをしています。
全体的なフォルムと実際はギターの中心部分のみを残してくり抜かれた重心の位置、それに加えてストラップの向きという総合的なギターのあり方と、それで実現された圧倒的な軽さがとても印象的です。

届いた当初、いろいろな問題がありました。そして元来いろんな音色が出るギターを手頃な価格で手に入れられるってことで買ったものですが、想定外の使い方で想定外のデキのものを手に入れることになりました。
近くの楽器販売店のリペアマン、親切な対応をしてくれた販売店、メーカーとしての意地を見せてくれたVOXと、おそらくは安定したものになってるかを慎重に見極めるのに時間を使ってくださった修理専門会社の方々に感謝します。

これからのギター演奏が楽しみです!

次のアルバム「rebuild」の曲名候補の一部

A part of ideas for next album “rebuild” song’s titles
Titles are English, but other expressions are all Japanese.

ちょっとすでに英語になってるものだけピックアップしてみました。
重複した内容のものもあるけど、とりあえずザザっとあげてみました。

Local News

人の繋がり

I’m lier (lier)

言ったとたんに嘘になる

Long Night

眠れぬ夜

The Sniper

狙撃手

Black tears

真っ黒の涙を流す。その訳はまだナイショ。

Simple Life

ただ生きる。

Futon that dream a lot

(邦題「夢見る布団」 いい英語がまだ見つかってない。いい英訳があったら教えてくださいm(_ _)m)

その布団で寝るといろんな夢を見る Twitterでmiffyさんがつぶやいた言葉からの連想

Build Up

自分たちで作っていく、自分たちが作っていく

A mottled memory(「まだらな」は他にも候補になる訳があって、どれを使うかは未定)

まだらな記憶。断片的な記憶しか持たない男の物語。もしくは、人は断片的な記憶を蓄積し、時々浮かんではそれらを再構築するといった感じの話。

Rain Dance

吉川晃司か!(笑)

No Man’s Land

中立地帯

We will change, we will build

言葉ではなく、行動すること

Our Song

借り物ではない、自分たちの歌

Originality

オリジナリティとはどこから来るのか。どのようにして獲得されるものなのか。

Your life

誰のためでもない、自分の人生を生きる

Let us go

今だ、いくぞ

You are alone, you are one of us

独りなのは あなただけじゃない

Entropy

無秩序, 混乱

Be free

貼られたレッテルを振り払い、物事の本質を見極める。

New Angle(New Approach, Another Approach)

視野を広げる

Big shooter

滞空時間の長いそのシュートは見るものを釘付けにした。観衆の時間を止めた。

A lot of Joy

たくさんの喜び

Patchwork Asphalt

継ぎはぎだらけのアスファルト(非公開の初めて書いた短編小説のタイトルより)

Spirit of Japan(From Japan)

日本とはいったい何なのか

Turn around

考えがガラリと変わる。悪い習慣を変える時。

どういった時にそれが起こるのかといったことがキモだったりするんだけど、それはまだナイショ。

Do not make taboos

タブーを作るな。

Lipstick

内容は特にまだ決めてない。

「ことばは人を縛るから」とか、印象的なフレーズはたくさんメモしてある。
日本語でタイトルになりそうなもの、主題となりそうなもの、歌詞のフレーズとして使いそうなもの、そういったものはすでに本当にたくさんメモしてあります。

上にあげたものはすでに去年の中頃より前にメモしてあったものです。
さて、いつごろ本格的に制作開始できるのやら。そこが非常に問題なのですが。
財政面、精神面、体調面、体力面など、すべて揃わないとということで、今立て直しに向け動いていますが、さてどうなることやら。
たぶん、今ここで~頃になりそうです。と言ったら、えーーーっ、そんな先か!と言われそうなので、言いません(笑)

ということで、何もしてないわけではないよというお知らせでした (^_^;
ちなみに、タイトルというのは著作権はありません。ですから、先に使いたい人は勝手に使ってもらっても何ら構いませんのよ…と。

それでは、ドロン!💩

待っていてください

今日は音楽活動についてのご報告なのですが…。
ライブスケジュールが完全に未定になりました。本当に申し訳なく思います。
んー、これ、何度目だろう?って思うけど、しようがないものはしようがないです。本当に申し訳ありません。

健康、時間、お金、ほんと様々な理由が重なって、こうなってるんですが、
今のところ言えることは、今年いっぱいは全力で音楽関連のiPhoneアプリのアップデートに力を尽くす必要があるってことで、
音楽活動の再開は来年に持ち越しとなります。

いろいろ考えるところもあったりします。
もともとRootageとして音楽活動を開始すると決めた当初の予定では、楽曲販売をメインに考えていました。
それが音楽環境を取り巻く世界的な潮流の中で、元来今はライブ中心で考える必要があるんじゃないか?と思い至ったのが去年。
でもまた今、自分の中では揺れています。いい音楽をやっていれば、それがライブであれ、アルバムであれ、それでいいんではないか?…と。
実際に活動を再開するのは来年になるので、その時に改めて判断しますが、どういう形にしろ、ある程度のライブはやる予定です。
決まりましたら、きちんとした形でご報告したいと思います。

ーー

今後はあんまりいつ、~する予定ってのを言わないでおこうかな?なんて、思ったりもしています。
言ったすぐ後に、それが嘘になってしまうことがあまりに多過ぎるからです。
体調が許さないことも多かったし、それが結果的に資金面に影響したり、持ち時間に影響したり、そういうことがありましたが、結局みなさんにとっては、結果が全てなので、期待を裏切ることに変わりはなかったわけで。

今もトレーニングで運動をしていますが、自分で今日はできると持ってやろうとしたら実際はできなかったり、今日はできないかも?と思ったらやってみたら案外できちゃったり…と、自分で完全に自分のことが判断できるような体調にありません。
そのような中で何かをお約束するのは誠実さに欠けると思います。
ですから、これからはやることが本決まりになるその時まで、~しますとアナウンスするのは遠慮した方がいいのかな?そんなふうに思ってます。

ーー

あと、ライブ予定については、おそらく大きく遅れるのではないかと思っています。
すべてがうまく行ったとしても、これから仕事上(音楽と開発)、大きな買い物をしなければならないことが多いので、なかなかライブにまわせる予算を捻出できないのではないか?と思っています。

その時には、ライブ以外にもやれることがあるんじゃない?ってことで何ができるか、考えたいと思います。
せっかく今年中盤、ライブに向けてリハーサルを念入りにしていたことを考えると、くやしさでいっぱいですが、ご理解いただけることを心から願っております。

ということで、今年はRootageとしての音楽活動は表立ってはほとんどできませんでしたが、来年たくさんのいいお話ができることを願っております!

 

SNSについて2013

さて、今回は日頃皆さんが利用しているSNSについての、ミュージシャンRootage, プログラマーHidenori Matsuokaとしての活動方針の方向性をお伝えしようと思います。

まず結論を申し上げます。
すべてのオフィシャルメッセージとブログは、このRootage Official Siteにあります。
その他のいわゆるSNSはTwitterFacebookページに集約することにします。

過去、MySpaceを活用していた時期もありましたが、それは随分前にやめました。
1人の方に誘われて、ほとんどいやいや加入したGoogle+は完全にやめました。
アメブロにブログを掲載するのもやめました。

今後は普段の何気ないことやいろいろな方とのやりとりはTwitterを通して行います(オフォシャルメッセージを含む)。
Facebookは基本的にFacebookページのみを利用し、ビジネスアカウントとしての利用をします。

一応、Facebookの個人プロフィールもあり、友達となっていただくことでこちらからメールをさし上げることも出来ますが、Facebookページにも私にメールを出せる機能が付きましたし、ビジネス重視ということで今までのように個人アカウントから皆さんの投稿をすべて見に行っていいね!したりコメントしたりという活動は今後は控えようと思っています。
何よりも皆さんが望まれていることは、Rootageとして音楽活動をし、Hidenori MatsuokaとしてiPhoneアプリを開発することだと考えるからです。
そう考えると、今まで普段のコミュニケーションとしてFacebookで重視していた方は、ぜひTwitterで繋がってくださることを希望します。どうぞご考慮ください。

ということで、基本のサイト・ブログとしてRootage Official Site、普段のコミュニケーションとしてTwitter、ファンページとしてのFacebookページということで、今後ともよろしくお願いいたします!

さて、その他のサイトについてですが…。

MySpaceはまだアカウントもあり、音楽を聴くことも出来ますが、将来この音楽倉庫としての役目はおそらくSoundCloudなどに変更するだろうと考えています。一応、音楽倉庫ということではYouTubeという選択肢もあるんですが、実際そちらにも載せます。しかしYouTubeは本来映像も必要だと思います。またYouTubeで広告が表示されたらお金が入っていいのでは?という方もいらっしゃいますが、実際はそんなお金、ほとんど入ってくるはずがありません(米国の例:1日に聴く音楽ラジオは平均数時間、YouTubeは平均10分ほど。と、まったく規模が違います)。YouTubeは純粋にPRの場であり、それ以上のものではありません。

アメブロですが、たしかにMySpaceが相当ダメになってしまった後、オフィシャルサイトと同じ内容を載せてたんですが、それではあまり意味がない気がしますし(同じ内容を複数サイトに載せると、Googleランクが下がる可能性があるようですが、そこははっきりしません)、実際コミュニケーションとして他の方のブログという長文を読む時間を作るのもなかなか難しくなってきております。もともとの作りもSNSとは言いがたいもので、お互いの信頼関係も他のSNSよりもよりいっそう希薄だというのもあります。
そして、やたら芸能人が利用しててチャラチャラしてるのがイメージに合わなかったり、とくにiPhoneやiPadなどの最新機器だとやたら目障りな広告が表示されて嫌気がさしたっていうのもあります。
ですから、ブログとしては、せっかく誰にも邪魔されない立派なオフィシャルサイトがあるのだから、そちらに集中したいと思います。
アメブロで繋がってくださっていた方にはまた後日、Twitterなどでも繋がっていただけないか、相談してみるつもりです。
その際は、どうぞよろしくお願いいたします。Twitterからブログ更新情報をツイートするのもなかなか有効だと思いますよ♪

なお、一時期、お一人の方に誘われて、ほとんど無理矢理始めたGoogle+は完全にやめました。
あそこはぼくには必要のないところでした。Twitter, Facebookページなどで繋がってくださいますようお願いいたします。

今回の命題の基本は、選択と集中です。そしてちゃんと管理することで、知らない間に悪用されて、変なスパムをサイトに挿入されたりしてても気づかなかったという事態をなくしたいという思いもあります。

SNSについてはMySpaceにはじまり、さまざまな紆余曲折がありました。また音楽活動においても、僕自身の健康上の理由などによりまだまだ予断を許さない状態です。
しかし、今後とも、できる範囲でがんばっていきますので、これからもどうぞよろしくおねがいしますね!

Rootage Official Site : //therootage.com
Twitter : https://twitter.com/Rootage
Facebook Page : https://www.facebook.com/TheRootage

 

© 2009 Rootage Official Site